クランチとシットアップの違い

さて、おまけの話ですが、日本語では同じ「膝立て上体起こしの腹筋運動」の意味の「クランチ」と「シットアップ」の違いについて少しご説明します。

シットアップが膝に頭がつくまで上体を起こし切る腹筋。日本で腹筋運動といえばこのイメージですよね。

それに対してクランチは、胸までしか上げません。動作の大きいシットアップに比べると一見、甘い運動では?と思えますが、甘いのではないんです。

お腹をシックスパックにしたいなら、6つに分かれた腹直筋だけを使い、そこにダイレクトに効く「クランチ」でなくてはなりません。

他の筋肉も大きく使うシットアップは、こと「腹割り」に限っては無駄な動きとも言えるのです。

腹直筋を収縮させるから背側が浮く、動きは小さいが、クランチの方が効果絶大です。

腹筋運動に自信がないと思っていた人も、クランチを取り入れることで確実な腹筋割りチャンスが到来しますよ!

Similar Posts: