10分で腹筋をバッキバキにする方法

2:10 Min Abs Workout — At Home Abdominal and Oblique Exercises

自宅でできる腹筋の紹介です。1分ずつタイマーをかけています。肘をついて動くものが多いので、手首や膝をを痛めないようにクッション性の絨毯やマットの上で行いましょう。滑らない場所か確認してから行ってください。腕立ての姿勢から滑ると膝やあごを強打するので危険です!

トレーニングその1

肘から手首を床についた腕立て状態から、リズムよく右、左、と支持を手の平に変えていく腕立てです。ボディを直線にしたプランク姿勢を保ちましょう。速くなりすぎて手が追いつかなくならないように!ポイントは、後ろ手に肘で上体を支えて、足をハサミ交差させるようにしましょう。

床に近い宙から1、2、3、4と階段を上るように足を上げていき、揃えたら元の位置に戻します。下腹に効きます。

トレーニングその2

仰向け寝の状態から、腰を上げるエクササイズです。床についた手のひらで身体を支えます。勢いよく上げると舌をかみます!腹筋を意識して床に腰から足を戻すときはゆっくり。

・腕立ての姿勢から、足の膝曲げランニング

ランニングマンのように足を滑らせてしまうと、全く効きません。 モデルのように後ろに伸ばす足はしっかり床に置いて、胸の前に曲げる足はつま先を一々伸ばすようにするとやりやすいです。背中をキープ!

トレーニングその3

腕立ての姿勢から、足を横曲げトカゲひねりのエクササイズです。モデルも左右の角度が違いますが、股関節の柔らかさによって左右に違和感を感じると思います。理想は、どちらの足も膝90℃曲げで、股関節から腿はしっかり床と平行に開きます。モデルの右足曲げを参照してください。

左右横向きのプランク

足先は重ねるとやりにくいので前後に開いて身体を支えましょう。上げた腕は床についた腕と真っすぐのラインでやりましょう。

後ろ手に上体を支えて、片足を直角に上げます。ポイントは、下ろした足は床につけない。左右の足は90℃で一瞬静止することを意識してください。最後のクランチは他の動画説明などを参照してくださいね。
 

元の記事に戻る
↓↓↓
1ヶ月で腹筋を割る方法。タバタプロトコル毎日腹筋

Similar Posts: